プライバシーマーク取得支援コンサルティング(Pマークコンサルタント) ISO27001認証取得コンサルティング 情報セキュリティ関連コンサルティング リンク ポリシー サイトマップ
ホーム企業情報採用情報よくある質問Pマーク、ISMS実績無料相談・お見積り
無料お見積り
お客様の声

無くならない個人情報流出

Pマーク取得支援
コンサルティング
ISMS取得支援
コンサルティング
情報セキュリティ関連
コンサルティング
お問い合わせ Pマーク専用管理ツール Pマーク、ISMSの教育をeラーニングで 簡単ログ管理ソフト リスクアセスメントソフト
Pマーク取得のメリット プライバシーマーク制度とは ISMSとPマークの違い 取得判断 ISO27001(ISMS)取得支援 Pマークお悩み相談 JIS Q 15001:2006 Pマーク、ISMS実績 Pマーク関連用語集 マイナンバー制度 Pマークよくある質問 ISMS(ISO27001)よくある質問 Pマーク豆知識 Pマークコンサル会社の選び方 Pマーク、ISMS各県取得状況 ご相談・お問い合わせ コラム topix 会社概要 HOME  良く検索されるキーワード
お問い合わせ

Pマークコンサルタント:HOMEプライバシーマーク制度とは >個人情報流出事件

 個人情報流出事件

個人情報流出事件図最大の原因は社員の不注意

 個人情報保護法が完全施工以来、様々な個人情報流出事件が報告されています。個人情報を流出すると企業の信頼を損ね、また、莫大な金銭的な損失を被ります。個人情報保護法では漏洩に対する罰則はなく、教育や個人情報の取り扱いにおいての安全管理等を義務化しています。保護法以降漏洩報告が相次いだのは、報告の義務が生じたのも一つの要因です。また、保護法施工後、漏洩件数や賠償額が大きくなってきているのは、ITの普及、及び社会情勢の変化も大きく関与しています。持ち運び可能な媒体に大量のデータを記録できたり、個人情報を悪用する業者などが個人情報を高値で買い取る、といった実情も漏洩の大きな要因です。しかし、最大の原因は「社員の不注意」によるものです。個人情報を漏洩の脅威から保護するには、全社員の自覚を促すための「教育」および「効果的な仕組み」作りとなります。


主な個人情報流出事件

個人情報流出事件 @

 検索エンジン大手Y社の運営会社Bの元契約社員らが、当時使用していたパスワードで同社のサーバーに不正アクセスし、2004年に約471万人分の個人情報を不正取得しY社を恐喝する。マスコミの過剰反応もあり連日放送され、近年では最も有名な個人情報流出事件。この事件で同社は、個人情報が流出していないユーザーも含め、全会員に500円相当の金券を送るなどして50億~100億の損失、同時に株価も下落し信用失墜。

個人情報流出事件 A

 大手印刷会社Dの業務委託先の元社員が、ダイレクトメールなどの印刷物作成のために得意先から預かった個人情報の一部を不正に持ち出し、インターネット通販詐欺グループに売り渡す。 2001~2004年にかけて約860万件を不正に持ち出し、個人情報保護法施工後の個人情報流出事件において国内最高の件数。

個人情報流出事件 B

 テレビ通販大手の、元従業員2人が1998年2月までに、ダイレクトメールの作成目的で抽出を行なった顧客情報約40万人分の入った業務用磁気テープを、当時の発注先印刷会社に不当に指示し、記録メディアへコピー変換させ、さらに付帯情報を追加・加工して約51万人のデータを名簿業者などに販売。J社は流出判明後約1カ月半ほど一切の業務を停止し、損失は数10億円ともいわれる。その後、この事件に関与した元社員を損害賠償請求で訴え 、1億1000万円の支払いを命じる判決が出る。


漏洩件数と賠償額

   年度別漏洩件数(人)                     推定損害賠償額

漏洩件数、賠償額グラフ推定損害賠償額

                                        参考:NPO日本ネットワークセキュリティ協会

漏洩原因と媒体(2009年)

   1. 漏洩原因               2. 漏洩元媒体             3. 媒体別漏洩人数


 漏洩原因グラフ  漏洩媒体グラフ  媒体別漏洩人数グラフ  

                                        参考:NPO日本ネットワークセキュリティ協会


 漏洩原因としては、不注意による漏えいが圧倒的に多くみられます。また、際立った特徴として漏洩する媒体は紙が圧倒的に多いのに、漏洩人数はUSB等持ち出し可能な電子媒体が圧倒的に多いということです。このデータから見て取れる事は、紙媒体の個人情報は管理しづらいという事と、持ち出し可能な電子媒体の管理は徹底しなくてはならないということです。


TPSのプログラムメニュー1 完全サポート テンプレート リクエスト TPSのプログラムメニュー2 マネジメント再構築 セミナー・講習 更新対応 TPSでのPマーク取得は TPSのISMS取得は

  スタッフ紹介

経験豊富な営業、実績豊富なコンサルタントが貴社のPマーク、ISMS構築を強力にバックアップいたします。

 コンサルメニュー

様々なコンサルティングメユーより、貴社のニーズを満足させた、最適なプログラムを提供させていただきます。

 リーズナブルな価格

価格はご相談ください。ご予算の範囲内で収めるような、納得のいく低価格を実現しました。



HOME  プライバシーマーク制度とは  Pマーク取得のメリット  Pマーク支援サービス  Pマーク取得フロー  Pマーク認定取得費用

無料相談受付中
福岡、東京、大阪支店
東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-4-8
東京中央ビル 5F
TEL 03-3263-4521
FAX 03-3263-4522


大阪オフィス
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町3-4-5
中央谷町ビル 7F
TEL 06-6949-0550
FAX 06-6949-0551



福岡オフィス
〒812-0023
福岡県福岡市博多区奈良屋町14-20
ベスト大博ビル7F
TEL 092-403-5900
FAX 092-403-5901




スリープロサポート株式会社
サテライトコンサルタント 
北海道、仙台、神奈川、千葉、名古屋、京都、徳島、兵庫、広島、山口、熊本、佐賀、宮崎、長崎